貯金箱
このエントリーをはてなブックマークに追加

民泊ビジネスで収益獲得

マンション

収入は家賃だけではない

マンション投資には、売買時の差額すなわちキャピタルゲインを得ることを目的とした投資と、長期保有によって現金収入すなわちインカムゲインを得ることを目的とした投資の2種類があります。このうち後者については、従来は賃貸住宅として利用し、家賃収入を得るというのが一般的な投資手法でした。しかし最近では、もう1つ別のやり方が注目を集めるようになっています。それが、民泊です。民泊とは、ホテルや旅館などの宿泊専用以外の施設に旅行者を泊めることをいいます。つまり投資用マンションをこの民泊施設にすれば、宿泊料金というかたちでインカムゲインが得られるチャンスが生まれるわけです。この投資手法が注目を集めるようになったのは、とあるウェブサービスがきっかけになっています。それがairbnbです。

人気サイトに登録して開業

airbnbは、2008年にアメリカでスタートした会員制サイトです。宿泊するところを探している旅行者に施設情報を紹介するのがメインのサービスですが、その施設の大半が民泊施設なのです。airbnbは今までにないユニークな旅体験を実現させてくれるサービスとして人気を集め、またたく間に世界中の旅行者が愛用するようになりました。そしてそれにつれ、これを新しいタイプの不動産投資に利用できると考える人も増えてきたのです。airbnbは施設の登録を受け付け、旅行者への紹介のみを行うサイトなので、民泊施設としての運営はオーナー自らが行う必要があります。ただ最近は施設の運営管理を代行する専門業者も出てきているので、完全委託が可能です。

模型

不動産管理はプロに任せる

マンションを取得し、賃貸として経営していくには様々な課題がある。初めて不動産オーナーとなったマンションオーナーでは困難なことも多い。そこで「サブリース」が利用されている。不動産会社などのサブリース会社に一括で借り上げてもらい、実質的に管理・運営を任せるということにメリットがあるのだ。

ウーマン

保証制度の活用

家賃債務保証制度を利用することで、家賃滞納のリスクを回避できます。アパートやマンションを経営する際に嬉しい制度なのです。しかし、家賃債務保証会社の問題もクローズアップされていますので、制度を利用する時は注意する必要があります。

男女

総合的なシステムの活用

総合的なサービスとして行われている賃貸管理システムを運用することによってあらゆる業務を一本化することができます。実務的な部分も連携させて管理できるのが特徴であり、その会社に依頼した点検や修繕の結果も反映されるのです。