メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産管理はプロに任せる

模型

経営を安定させるために

賃貸マンションなどを経営・運営していくにあたっては、貸主が賃貸人と直接契約を結び家賃収入を得る方法が通常である。家賃収入はすべて自分のものとなるのだが、リスクもすべて自分が被ることにある。賃貸マンションは購入したら終わりではない。むしろ購入してからが大変である。マンションの維持管理や、入居者のトラブルなどとも向き合わなければならない。また、入居者が集まらなければ当然家賃収入も得られない。そのため、入居者の募集も大事な仕事である。素人が行う不動産投資は不安なことが多いのが実情だ。そこで、物件を不動産会社などに一括で借り上げてもらい、その会社が入居者へ貸すということを行う方法がとられることが多い。これを「サブリース」という。サブリースでは様々なサービスを取り扱っており、不動産所有者にとっては経営を安定的に行えるようになるのだ。

直接経営に参加しない

サブリースとの契約においては、マンションなどを一棟すべて借り上げるものとなっている。つまり、家賃はサブリース会社から毎月決まった額を支払ってもらえるので、入居者が集まらずに家賃収入が得られないということはないのだ。また、家賃滞納によって収入が得られないということもない。また、家賃保証会社を不動産所有者が直接利用することもないのだ。もちろん入居者の管理もサブリース会社が行ってくれる。トラブルの当事者になることもないので、安心して経営できるのも大きなメリットだ。不動産投資を始めて、マンションオーナーになったことはゴールではない。今後安定的にマンション経営を行い成功していくのであれば、マンション経営のプロである不動産会社などにサブリースするのは非常に大きなメリットとなるのだ。