メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

保証制度の活用

ウーマン

アパートやマンションの家賃債務を回収するための制度が、家賃債務保証です。賃貸契約をしている者が家賃滞納に陥った時、連帯保証人に家賃を請求するのが一般的です。しかし家賃債務保証であれば、契約者、または連帯保証人に代わって、保証会社が一時的に立替え払いしてくれます。家賃債務保証制度を利用すれば、アパートやマンション経営で発生する家賃滞納リスクを回避できるメリットがあります。家賃債務保証制度を利用する際は、借主が保証会社に保証料を支払った上で債務保証を委託します。保証会社は貸主と家賃債務保証の契約を締結した後、家賃滞納が発生した時に保証会社が貸主に家賃を立替え払いします。そして後日、保証会社が借主に立て替えた金額を求償します。以上が、債務保証制度の内容になります。

家賃債務保証制度を利用すれば、家賃滞納リスクを回避できます。家賃債務保証サービスについては、連帯保証人の依頼が難しくなっている今日、借主の信用を補完する機能をなしているという評価があります。しかし一方で、立て替えた家賃額の取立てについての問題点もあります。保証会社の執拗な催促、督促、また借主に無断での鍵交換、室内への侵入など、不適切な行為が多いという批判もあります。家賃債務保証に関する問題は、保証会社を監督する監督省庁がないのも原因の一つに挙げられています。保証制度自体はメリットが多いので、家賃債務保証会社側がしっかり管理を行うことが大切です。制度のメリットを最大限活用するためにも、家賃債務保証会社に取り組み方が注目されます。